北海道浜頓別高等学校HPへようこそ
 

 
 
新着情報
 
表示すべき新着情報はありません。
平成30年度の活動
平成30年度の活動
2019/04/06

新入生にむけて

| by 教諭005
 バスケット部から新入生の皆さんへメッセージです。多くの新入生の皆さんが練習見学に来てくれることを心待ちにしています。
 また、本校にはバスケット部以外にも多くの部活動があります。高校生活で「これを頑張りたい!」というものを見つけてくれればと思っています。

09_H31_4月バスケット部HP②.pdf
13:00
2019/04/04

3月練習試合(男子)

| by 教諭005

 紋別高校と3月21日に練習試合を行いました。
 3月は卒業生が練習に参加してくれて、実践練習を多くすることができました。そのおかげもあり、冬休み以降取り組んでいるチームオフェンス、チームディフェンスを表現することができ、点数を取る場面が何度もありました。練習の成果が出てきたように思います。
 春季大会、高体連が近づいてきました。選手スタッフ一同、頑張ります。今後とも応援よろしくお願いします。

08_H31_4月バスケット部HP①.pdf
17:23
2019/03/30

合同練習報告(女子)

| by 教諭005
 今回は女子の旭川商業高校、東川高校との合同練習の報告です。女子は少人数ではありますが、男子とともに練習を行いトレーニングや試合形式の練習まで全て同じメニューをこなしています。選手は練習での頑張りをしっかりと表現し、旭川地区上位の練習にも必死に食らいつき、自分のプレーを出すことが出来ました。また、女子の選手集団での練習は、ほぼ初めての経験でしたので、刺激を受けたと思います。旭川商業高校、東川高校の皆さんありがとうございました。
 春季大会へむけて、選手スタッフ一同頑張ります。応援よろしくおねがいします。

07_H31_3月バスケット部HP②.pdf
18:30
2019/03/04

卒業式(バスケット部)

| by 教諭005
 先日、卒業式が行われました。
今年の3年生は「考えるバスケット」、「仲間とともにプレーを創造する」、「仲間のために戦うこと」をチームの財産として残してくれました。春季大会、高体連へむけ、伝統を受け継ぎながら、さらなるレベルアップができるように選手、スタッフ一同頑張っていきます。
 浜高の体育館で経験したこと、考えたこと、仲間と感情や考えを共有したことを次のステージで活かしてくれると期待しています。3年生のみなさん卒業おめでとうございます。

06_H31_3月バスケット部HP①.pdf
07:54
2019/02/28

2月練習試合

| by 教諭005
 2月に3試合の練習試合を行いました。
 選手は冬休み以降取り組んでいるチームオフェンス、チームディフェンスを一生懸命に表現してくれました。まだまだ反復練習が足りない部分もありますが、チームプレーが成功する場面が何度もありました。春季大会にむけて、選手一同、目標に向かって試行錯誤しながら頑張っていきます。今後とも応援よろしくお願いします。
 練習試合にご協力頂いたチームの皆さんありがとうございました。

05_H31_2月バスケット部HP③.pdf
15:29
2019/02/09

レバンガ北海道アカデミークリニック

| by 教諭005

2月2日にレバンガ北海道バスケットボールアカデミーの安宅寛法氏のクリニックに参加いたしました。選手は状況判断の練習や制限付きの4対4など普段とは違う練習内容に戸惑いながらも対応し、クリニック中に成長した姿を見せてくれました。また、NBA選手の映像も見せて頂き、選手は刺激を受けていました。安宅コーチ、浜頓別町バスケット協会の皆様お世話になりました。ありがとうございました。

04_H31_2月バスケット部HP④.pdf

15:08
2019/02/01

チーム名、練習内容紹介

| by 教諭005
 今回はバスケット部のチーム名の紹介と練習風景の紹介です。オフシーズンですが、春季大会に向けて選手一同頑張っています。今後とも、応援、よろしくお願いします。

03_H31_2月バスケット部HP③.pdf

19:56
2019/01/19

平成30年度名寄地区ウインターフェスティバル

| by 教諭005

  先日、参加させて頂いた名寄地区ウインターフェスティバルの報告をさせて頂きます。
試合を重ねるごとに、チームでテーマとしているプレーが表現できるようになりました。
来年度の大会に向けて、新たな課題を克服できるように頑張ります。今後とも応援よろしくお願いいたします。
 また、名寄地区協会のみなさんお世話になりました。ありがとうございました。

H31_1月バスケット部HP② .pdf
15:07
2018/12/25

活動報告

| by 教諭005
今シーズンのバスケット部の活動を報告させて頂きます。
次の大会まで期間がありますが、選手一同目標に向かって頑張ります。
今後とも、応援よろしくお願いいたします。

バスケット部HP①.pdf
14:59
平成28年度の活動
平成28年度の活動日誌
2016/04/15

浜高バスケ部通信 1~3号

| by 教諭007

 今年度は浜高バスケ部の活動をいろいろとアップしていきたいと考えておりますので、更新を楽しみにしておいて下さい。

 今回は、昨年度末から発行している浜高バスケ部通信To the summit 」の1号から3号までアップいたします。


 通信 1.pdf  

 通信 2.pdf

 通信 3.pdf

 今後とも浜高バスケ部の
応援よろしくお願いします。
14:58
平成26年度までの活動(男子)
平成26年度 男子活動日誌
12
2014/06/02

平成26年度 名寄支部高等学校バスケットボール選手権大会

| by 教諭012

1回戦

 浜頓別高校 70-52 天塩高校さん

 

 試合序盤からミスが多く、シュートまでは行くがなかなか得点できない。

 ディフェンスは♯5佐藤、6井口がボールマンに対してプレッシャーをかけ、相手の攻撃を抑える。前半途中から♯9千葉がスピードを活かしたプレー、10塚田が高さを活かし、仲間と連携したプレーを見せ加点する。終盤、5佐藤が落ち着いたゲームメイクで何とか勝利する。

 

2回戦

 浜頓別高校 86-78 名寄高校さん

 

 シード校との2回戦。

 試合序盤より6井口が相手のエースプレイヤーを気迫で抑えるが、セカンドチャンスをつかれリードを許す。4炭谷が果敢に攻め込みチームを勢いづける。一進一退の攻防のゲームの中、相手シュートが当たり始め、残り3秒でついに同点に追いつかれ延長戦突入。追いつかれたショックの残る中、5佐藤が必死のディフェンス、4炭谷が58得点の大爆発により辛くも勝利する。3年ぶりの決勝リーグ進出。

 

 

決勝リーグ

 

 浜頓別高校 49-65 稚内高校さん

 

 延長戦の疲れの残る中、序盤からディフェンスが機能し相手に食らいつく。9千葉が1ON1を仕掛け加点する。7石井がディフェンスリバウンドを死守するが相手にリードされる。ディフェンスを変えながら相手に食らいつくが、16点差で敗退。♯10塚田のアグレッシブなプレーが印象的だった。決勝リーグを戦い抜く難しさを感じるゲームであった。

 

決勝リーグ

 

 浜頓別高校 47-90 士別翔雲高校さん

 

 キャプテン4炭谷を怪我で欠く中、9千葉が積極的に1ON1を仕掛け得点する。相手の外からの3Pシュートを止めることができず、大きくリードされる。そんな中、10塚田、11青木の高さとパワーを活かしたプレーで、14中嶋のリバウンドなどでチームを盛り上げる。徐々にディフェンスも機能し、早い展開から8犬飼がバスケットカウントを決め、13炭谷が3Pシュートを決めるなど、追い上げを見せるが差は埋まらず敗戦した。11青木が17点の活躍。

 

決勝リーグ

 

 浜頓別高校 61-56 下川商業高校さん

 

 決勝リーグ最終戦。点差を広げ勝利すれば全道大会出場の可能性がある大一番。

 序盤より、相手にプレスを仕掛けるが相手にこちらの隙をつかれ一進一退の攻防となる。エース炭谷に激しいマークをされるが、9千葉、5佐藤が力強いプレーを見せ加点する。7石井の鋭いドライブから6井口の合わせも決まりはじめ、こちらのペースで試合が進む。プレスから5佐藤が次々とシュートを決め、リードはするが、相手の粘り強いシュートに阻まれ5点差で勝利。ゴールアベレージにより全道大会出場を逃した。

 

 

 

今大会もたくさんのご声援をいただき、ありがとうございました。

今大会は、保護者の皆様方のみならず、たくさんのOB・OGの方に会場へ来ていただき応援していただきました。選手、スタッフ一同感謝申し上げます。
 この大会で3年生は一区切りとなります。全道大会出場を果たすことはできませんでしたが、チームの目標である信頼され、応援されるチームに一歩近づけてのではないでしょうか。

 

 これから次の大会まで期間がありますが、選手一同目標に向かって頑張ります。

 今後とも応援、よろしくお願いします。
08:20
12
平成26年度までの活動(女子)
平成26年度 女子活動日誌
12
2014/06/02

平成26年度 名寄支部高等学校バスケットボール選手権大会

| by 教諭012

1回戦

 浜頓別高校 39-79 名寄高校さん

 

 第1ピリオド、4上道、山田が早い展開からジャンプショット、3Pを決めいい流れで試合を進める。7桑原のパスワークから次々とシュートが決まり19-12リードして終了する。第2ピリオドに入り、エンジンのかかってきた相手チームの攻撃を止めることができず逆転される。ディフェンスを変え相手のミスを誘うが、こちらの得点につながらない。後半に入り、13平井が強気の1ON1を仕掛け加点する。キャプテン♯4上道がなんとか食い下がろうと気持ちでチームを鼓舞するが、敗戦した。相手の高さとスピードを止めることができず悔しい敗戦である。

 

今大会もたくさんのご声援をいただき、ありがとうございました。

今大会は、保護者の皆様方のみならず、たくさんのOB・OGの方に会場へ来ていただき応援していただきました。選手、スタッフ一同感謝申し上げます。
 この大会で3年生は一区切りとなります。どんな展開でも最後まで下を向かず、相手と対峙するする姿は男子部員や後輩たちの良き見本となるものとなったと思います。

 これから次の大会まで期間がありますが、選手一同目標に向かって頑張ります。

 今後とも応援、よろしくお願いします。
08:21
12